概要・説明

KUBIC「学生の力」とは

「KUBIC(キュービック)」とは
積み上げ、カタチにするということ。

KUBIC(関西大学ビジネスプラン・コンペティション=Kansai University BIz Plan Competition)は、2006年に関西大学商学部の創設100周年記念事業の一環としてスタートしました。読み方は「キュービック」。立方体(cubic)と同じです。この言葉には、積み木でさまざまな立体を作りあげていくように、知識や情報をうまく組み合わせて、新しいビジネスプラン(事業企画書)を作り上げ、カタチにする、という想いが込められています。

若いチカラを発信する、
学生による学生のためのコンペ。

KUBICのキャッチ・フレーズは「学生の力」。全国の大学生や高校生の皆さんから様々なベンチャービジネスプランを募集。若い学生の力を存分に発揮していただくコンペティションです。また、KUBICの企画運営は、協賛企業、後援団体、関西大学および商学部の教員・事務スタッフの温かいご支援を得ながら、関西大学商学部の学生が主体となって行なっています。つまりKUBICは、応募者においても運営においても、学生の皆さんが主役のイベントなのです。

あなたのプランが
実際に実行されるかも!?

KUBICは、自由な発想で考えたビジネスプランを応募していただく「自由応募部門」と、KUBICに賛同いただいている著名な大手の協賛企業が提示する“お題”に合わせたビジネスプランを応募していただく「テーマ部門」があります。テーマ部門は、企業が実際に直面している課題の解決策や新しいアイデアを求めるいくつかのテーマの中から、皆さんが自分の好きなテーマを選んで応募するというシステムです。コンペティション後、学生のプランが実際に企業の事業として採用される場合もあり、プラン実現の可能性を持っていることが特徴です。

※テーマ部門に応募される場合、応募時点で知的財産権を主催者(協賛企業を含む)に譲渡していただく必要があります。テーマ部門に応募される皆さんには、自由応募部門と同様の審査に加え、各企業が独自の審査基準で皆さんのプランを直接審査します。知的財産権をご自身で持っておきたいと思われる方は必ず、テーマ部門ではなく自由応募部門にご応募ください。ただし、自由応募部門に応募していただく場合も、KUBICの第2次審査合格発表の段階で応募プランの内容を公開しますので、知的財産権の保護を希望する方は応募前にご自身で然るべき法的手続きを取っていただくことをお願いいたします。

どこの学生だって関係ない!プラン内容重視の審査です。

ここでひとつ、不安を持っている学生の皆さんがいるかもしれません。それは、全国の学生対象といっても、関西大学が主催なのだから「結局は関大生が有利なのではないか」ということ。答えはノーです。なぜなら、KUBICでは不公平が生じないよう審査はダブルブラインド方式(双方向目隠し)で行っているからです。応募されたビジネスプランを受理した段階で、応募用紙(プランシート)と応募者のフェースシートは別々に管理され、審査員にはエントリー番号しか伝わりません。つまり、応募者には誰が審査員かわからず、審査員にも誰が応募者かわからない方法で審査を行っています。これがダブルブラインド方式です。さらに公平性を期すために、審査基準も応募要領の中で公開しています。こうしたことを行なうのは、関大生にとっても、公平な審査の中で勝ち抜いてこそ意味があると考えているためです。

「応募してみたい!」と思った学生の方は、募集要項をお読みいただき、応募用紙をダウンロードして、KUBIC事務局まで郵送してください。
皆様からのご応募を心からお待ちしています。

関西大学ビジネスプラン・コンペティション KUBIC「学生の力 応募要領はこちら 応募テーマはこちら

ページ上部へ