KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

化学・物質工学科 OB・OGからのメッセージ 化学・物質工学科 OB・OGからのメッセージ

ダイキン工業株式会社

2017年3月 化学生命工学部 化学・物質工学科 卒業
富田 翔子

女性技術者として、新しい設備の開発に取り組みます。 女性技術者として、新しい設備の開発に取り組みます。

近年、女性技術者の社会進出についてマスコミでも取り上げられていますが、実際はどうなのかと疑問を感じていました。この思いを抱えたまま参加した大学主催の就職セミナー。そこで育児をしながら、技術者として活躍されている女性社員のお話や興味深い仕事内容に魅力を感じ、入社を決めました。現在は生産技術部で、新工場に設置する設備の条件を決定するための試験や必要な部材の仕様を考えています。試行錯誤を重ねて、期待通りの結果が出た時は、喜びで胸がいっぱいに。若手のうちから責任ある仕事に携わることができるので、知識が増えるとともにモチベーションが高まります。大学生活を充実したものにできるかは自分次第。失敗を恐れず、興味のあること、チャレンジしてみたいことは何でも挑戦することが大切だと思います。さまざまな経験から得た知識が、将来自分にとって武器になるはずです。

株式会社メニコン

2014年3月 理工学研究科 ライフ・マテリアルデザイン専攻(現 化学生命工学専攻)
修士課程前期課程 修了
高畑 祐輔

新商品に関する製造販売承認のための治験業務を担当しています。 新商品に関する製造販売承認のための治験業務を担当しています。

コンタクトレンズは医療機器でありながらとても身近な存在。やりがいを実感しやすいと考え入社を決めました。高度管理医療機器であるコンタクトレンズは、その製造販売には治験が必要となります。私は治験の部署に所属し、各地の眼科に研究用のコンタクトレンズを届け、必要な検査が的確に実施されたかをカルテ等で確認するといった業務を行っています。現在、当社は海外市場拡大を視野に、海外でも治験を進めています。今後は私もより多くの治験に携わることで、当社商品を世界中に広める貢献ができればと考えています。大学ではさまざまなことに興味をもって、挑戦をしてください。私は人工の骨を作る研究をきっかけに医療分野への就職に関心をもつようになりました。経験が多くなればなるほど、自分自身の興味や働きたい業界が見え、将来を決めるのにきっと生きてくると思います。

共栄社化学株式会社

2013年3月 理工学研究科 ライフ・マテリアルデザイン専攻
博士課程前期課程 修了
服部 聖也

物質に新たな機能や付加価値を与える「助剤」を開発しています。 物質に新たな機能や付加価値を与える「助剤」を開発しています。

本来溶け合わない水と油が、特殊な薬剤によって溶け合い、一つの液体に変化するーこの薬剤を「助剤」といいます。助剤は業務用洗剤や金属加工薬剤、塗料添加剤、スマートフォン向け保護フィルムなどに用いられ、製品品質の改善や機能性の向上などを担っています。あらゆる産業分野で付加価値を生み出す当社の事業は、将来の夢が「ものづくりを通した社会貢献」であった私にぴったりでした。実際に製品開発の現場に携われることができ、日々やりがいを感じています。大学ではいろんなことにチャレンジし、経験を積んでいくことが大切です。4年という期間は非常に長いと思われがちですが、なんとなく過ごしていたら、あっという間です。研究室やサークル、ボランティア、何でも挑戦してください。そこで得た知識や経験が、これからの人生で必ず役立つはずです。

住友化学株式会社

2013年3月 理工学研究科 ライフ・マテリアルデザイン専攻
博士課程前期課程 修了
中小路 崇

業界トップクラスの環境で研究できることにやりがいを感じます。 業界トップクラスの環境で研究できることにやりがいを感じます。

在学中、研究を進めていくうえで、業界トップクラスの会社で自分を高めたいと感じるようになり、住友化学に入社しました。当社は総合化学メーカーで、石油化学、電子材料、農薬などさまざまな分野に事業を展開しています。私は情報電子化学品研究所で、情報電子産業を支える液晶ディスプレイと半導体・電子部品に関する研究開発に取り組んでいます。具体的には、分析物性グループに所属し、液晶材料やフォトレジスト(半導体製造過程で使用する感光性樹脂)などの分析を担当し、開発グループと一体になって、製品開発に取り組んでいます。大学に進学する前は、将来自分がどのような仕事に就くか想像できませんでした。しかし、化学生命工学部は対象エリアが広く、化学、生物、物理系の中から自分が興味をもった分野を選択できるため、将来をイメージしながら学べたことがよかったと感じています。

株式会社神戸製鋼所

2011年3月 理工学研究科 ライフ・マテリアルデザイン専攻
博士課程前期課程 修了
神谷 太輔

さまざまな輸送機器の製造に携わり、 ものづくりのおもしろさを実感しています。 さまざまな輸送機器の製造に携わり、 ものづくりのおもしろさを実感しています。

もともと飛行機や自動車などさまざまな輸送機器の製造に興味があり、在学中はものづくりにつながる研究を行ってきました。現在は、神戸製鋼所のアルミニウム鍛造を行っている部署で、生産技術を担当。民間航空機の部品や自動車ターボ部品の新製法の開発業務に携わりながら、ものづくりの醍醐味を実感しています。仕事をするうえで大切なのは、何か問題があったときに「なぜそうなるのか」と疑問をもち、考えること。大学で学んだ知識がそのまま現場で生かせる場面は多くありませんが、研究で培った問題解決へのプロセスはどの分野でも応用することができます。皆さんも在学中に何か打ち込めるものを見つけて、将来につながる多くの経験をつんでほしいと思います。

このページの先頭へ